グッドなモーニング

穏やかな晴れの日の朝でした
今日はお休み
休みは私は大抵近くの県立図書館カフェでモーニングのひと時を楽しんでいます

外には芝生の広場
宮部の原っぱと同じでこちらの芝生もあちこちに青さが戻って来ました
シャボン玉作って遊ぶ親子
ベンチに並んで座るカップル
テクテク歩く小さな子供を見守りながらゆっくり歩くおばあちゃん

爽やかな晴れの日の朝の光景に心和みます


カフェの重ためのドアを開けると
チリーンとドアベルが鳴る
奥から
いらっしゃいませ
晴れた日の朝の陽光が明るく差し込む店内は清々しい

店員さんとお顔を合わせて
おはようございます

お好きなお席にどうぞ

モーニングタイムの特権です

ランチの始まる11:30まではほぼ貸し切り
今日は久しぶりにソファー席に座りました

深く腰掛け、ずっしり沈み込む感じに
ほっ〜
ようやく休みに来たことを実感


店員さんの柔らかで優しい接客にいつも癒され
今日も嬉野抹茶ラテを注文


久しぶりに新聞を広げ、一面からゆっくり読みました
今日は3.11
あれからもう6年が経つのです
未だ爪痕は残り今も大変な方々は多くいらっしゃる
震災の記事もじっくり読みました
地方欄、スポーツ欄、世界情勢
苦手な政治経済も一応目を通します

読みながら、少しずつドリンクを飲む
谷川俊太郎さんも池上彰さんも新聞をよく読まれてるのを知り嬉くなりました
おじさん化…と思いながらカフェでゆっくり新聞を読む私

カフェの方々はランチの準備中
スチームの音
包丁のトントントンと小気味よい音
時折雰囲気よい会話が交わされている
BGMは以前よく聴いていたソフトなJAZZなのもよいです
聞こえてくる音が心地良い

今日は久しぶりにこの時間や空間を楽しめていて
ようやく終わったんだぁ
と思いました

この一月はPC持ち込み入力作業してましたから、いつもテーブルに硬めのイスに座ってました
外の光景を見たり
お店の音を聞いたり
そんな余裕がなかったことに今日気付きました
それだけ自分のことに打ち込んでいたと言えば聞こえはいいか、と我を納得させてみる

今日は視野を広く戻す日です

今週水曜日に無事に確定申告提出致しまして
木曜日にお勤め終えて
金曜日は用事で福岡へ
土曜日の本日ようやくお休みです



午後からはシエマで映画の予定

グッドなモーニングから始まる
グッドな1日



平和な穏やかな日々に心から感謝

今、この時、1日を大切に過ごしたいものです

Staff - -
3月の営業について


3月になっちゃいました
2ヶ月連続で同じ出だしです…
追われた感じがにじみ出てますね〜

逃げる月、2月とはよく言ったもので、
月日、日時がスルスルと流れ行く感じで2月を終えました



早速3月の営業についてのお知らせです




3月はどの曜日も営業するようにしました
定期での平日休みの方にお越しいただけると嬉しいです


まだ大きな負荷は背負っていますが、ようやくゴールが見えてきました

たまにはこんな負荷の日々もあって然るべしですよね
普段使わない思考回路が活性化してます
数字の入力、計算、組み立て、
税理関係の仕組みや説明文書の理解

頭がくちゃくちゃっと絡まります
が、その絡まりを落ち着いて解いていきます
その時は一つ一つクリアしているようでちょっとスッキリ

終わりが見えてきたから言えることですけどね

さ、ラストスパート!
なるべく早めに終わりたいです
そして終わったらご褒美ネイランチに行きます〜


(またもや個人的内容で申し訳ありません…)

それでは3月も宜しくお願い致します
Information - -
メンテナンス宣言!
今朝は激しい春雨
一旦上がって
また雲行き怪し
午後からは荒れた天気になると聞いていましたが、本当にそうですね
寒さとともに冬の様な気配に覆われてきました
まさしく三寒四温の頃ですね
少しずつ春と冬の交錯する期間

立春を終え、次は雨水ですし
お天気も変わりやすく気温も変動しがち
身体は少し春モードですので薄着になってしまって、急な冷えなどで風邪をひかない様にお気をつけ下さいませ

寒くもありますが、先ほどお家に帰る途中、
ご近所にある梅屋敷(勝手に命名)の前を通りました
梅が本当に美しく咲き誇り、見事なのです
このグレーな気配を跳ね除ける明るさ
通勤途中でも春の菜の花や梅の花の白やピンクが引き立ちますね
自然の中に明るさを感じ心にも花が咲きます

これからの春めく世界を楽しみましょうね


さてさて、本題

前回のブログでメンテナンス宣言をしまして
この期間しっかりメンテナンスしています

宣言するって、こうも違うのかと自分でも笑っちゃいます
時間があったら、
行けたら、
これが終わったら、と
できたらしようかなという曖昧な設定では私の性格上なかなかできないのですね

ですから、個人的なことでしたが宣言してみたら
きちんとその日のすることリストの一つに昇格し
きちんとメンテナンスするのです

今まで、決めることは大事だなと思っていましたが
自分の中だけの約束事では
決意や意思も弱くなりがちなのか
疲れや忙しさ、マンネリでなんとなく終わりを迎えること、いと多しでした

今回のメンテナンス宣言はなかなか良かったです
みなさんにお読みいただくところに超個人的なことを載せる…
読み返す度に幼稚なことだなと照れや恥ずかしさこみあげまして、
いつものお得意推敲、編集、削除といきたくなりましたが、
敢えて残しておきました

そしたら、ちゃんと意識して実行するんですね


問題は、本命の確定申告が遅れ気味だということ…
去年の反省を踏まえて、
ノートPCも購入し準備はバッチリ
心に余裕!

ですが、今度はこの余裕が今度はちょっと先延ばしにする理由の一つになっています〜
次々に現れるこの心の変化

ちょっと(いえ、割と大きな…)ストレスなんでしょうね
もう回数も重ね、慣れてもいい頃なのですが、まだまだです
いつもちょっと落ち着かない2月の私
早く入力だけでも終わらせるとぐっと落ち着くはずですが…


と、こんな自己分析より、早くとりかかりなさい
ということですね


では、お後がよろしいようで…
Heart - -
2月の営業について
2月になっちゃいました

昨年の大雪から一年
今年は寒さ厳しい日もありましたが、寒い寒いといいながらもトラブルもなく平穏に過ごせたことに安堵しています
旧暦の最後の節気、大寒ももうすぐ終わります
節分を区切りとし、2月4日から立春ですね

先日は新物のワカメを食し、
冬の食材に慣れている舌には、柔らかい磯の香りが新鮮でした
これから少しずつ春の食材が増えて行くと思うとまた楽しみです


それでは2月のスケジュールです





短い2月ですから、あっという間に終わりそう
個人事業主の皆さま、確定申告も始まりますね
私も仕事の合間に頑張ります
昨年は身体のメンテナンス怠り、結果腰痛悪化させました
この反省をふまえて、今年はメンテナンスも大切にしていきます

2月も宜しくお願い致します
Information - -
《 この世界の片隅に 》

1月20日迄の上映だとわかり、急遽13日に観に行きました
今年の初映画館でもあったので楽しみでした
いつもは観客少ない劇場が この日、平日の昼間にも関わらず席が埋まりそうでびっくり
隣に人がいるのは久しぶりでした
この映画の評判がそうさせるのでしょう
私もお客様のオススメで観てみたいと思ったのでした




戦前から戦後まで、すずという主人公の女性の生活を描いたこの作品
戦前、戦中、原爆投下、終戦、戦後へ
時代という大きな流れの中
限られたそこにあるもので工夫し、分かち合い、助け合った人々とその暮らし
当時の暮らしを忠実に丁寧に表現することにこだわられていて
生活様式や食事、衣服について新しく知ることが沢山ありました

登場人物の心情が率直で素朴な言葉になっていて、自然に心打たれ
涙が伝う場面が何度もありました


ご飯を食べることがどれだけ大変だったか
配給もどんどん減らされ、野草を食べたり、かさを増す江戸時代のレシピを真似たり
着物をモンペに縫い直したり
戦時下の暮らしを始めて知りました
そんな中にも笑いや涙、喧嘩も恋もあった
それは今と同じです
時代が違うことで、人の生活の背景が変わり
それは少なからず、いえ、とても大きく人生に関わる


戦争による悲劇や不幸が家族を襲う
自分を責めたり、苦しんだりしながらも、思いやって助け合って家族になっていく
やはり日本人は戦時下においても耐え忍び、周への思いやりを持っていた
そんなことがじわりと心に沁みました

映画を見ながら以前お客様のお一人に伺った戦争体験談が脳裏に浮かんでいました
あの時、私は戦争は教科書から学んだ遠い歴史ではないことを知りました
こんな身近な方も防空頭巾をかぶり、空襲に怯え暮らされていた
玉音放送も生で聞いたと伺って、初めて戦争をすごく近くに感じたのでした



映画を観終わってしばらくして、
母の里に戦争で亡くなった軍服の方の遺影があるのを思い出しました
その方について詳しく聞いたことはなくて
祖母が生きているうちに戦争の話を聞いておけばよかったと
すこし悔やんだのでした
戦争でその方が亡くなったことが知らされたとき
当然祖父母たちは、家族を失った大きな悲しみに襲われただろうな
とその時のことに思いを馳せてみました
そんな悲しみが、それぞれの家にあったのかもしれない
お国のため、と言いつつも
国のために戦い命を落とした若者たち
子供や兄弟を失ったその家族


ふと、この作品で伝えられたことは当時どこの家庭でも起きたことかもしれないと感じたのです
祖父母世代が若い頃に体験したことであり
身近な人に聞く戦争体験談に非常に近いのではと
私は既に祖父母達を亡くして、直接戦争の話を聞くことができませんが、
今回この映画を通してすずさんに語り伝えてもらったのかなと思ったのでした



先日上映期間が延長になったと書かれていました
大川や大牟田でも上映決定したそうです
各地で上映されて、一人でも多くの方に観ていただければと思います

Music & Book & Movie - -
| 1/52 | >>