お堀の蓮




“ お堀の蓮が見頃 ”
その記事を目にしてからずっと観に行きたくて、ようやく先日行ってきました
車を降りるときに見上げた空には黒雲
にわかに雨が降り出しました
このところ天候の変化がとても激しいですね
日傘を携帯して正解

雨の中でも蓮は美しかったです
白い花はもちろん
茎は枝を広げることなく一本、水面からすくっと真っ直ぐ伸びていて
葉はとても大きく直径30センチくらいの 中央がやや窪んだ丸い形
その窪みに朝露なのか雨水なのか
水が溜まってまた美しい
まさしく水玉
この清廉潔白な美しさを見ていたら
蓮の花になりなさい
という言葉の意味がわかる気がします


このお堀の水や川
当たり前のように水が流れているけれど
もともと佐賀には大きな川がなく大規模な治水事業によって水を引き市内が潤うようになったそうです
水をなくしては生活もできない
生活や農業用水として水がある暮らしを営めるようになり
当時の佐賀はどれだけ生活が変わっただろう


だけど、水によって生活ができなくなることもあります

7月に入ってすぐ中学の頃の7月2日の洪水のことを思い出しました
それに5年前の八女の水害のことも
どちらも7月だったから
何も起きないとよいなと思っていたところに今回の大豪雨

こうやってありえないことがまた突然起きるのです
こういう災害が起こると何も言葉を発することができなくなる
あれから毎朝筑後川の橋を渡りながら
溢れそうな濁流の水位が下がり、
水の色が戻ることを願うしかありませんでした
現代の科学や技術をもってしても
自然には及ばないのだとまた痛感

すぐそばで大豪雨、近くでは地震や噴火
九州だけでなく日本、世界各地で自然災害は多発していて
九州は、日本は、世界は、地球は大丈夫なのだろうかとふと漠然とした不安に陥る

それでも朝はやってくるし
いつものように生活するわたしたち

心構えと備えが肝要


人が自然とつながりを感じるときに
心が癒されるものである

そう書かれていた本の一節は
晴れた日の穏やかな日常の中に於いて納得できたけど、このところ素直に読み取れない
自然や今ある暮らしに対し
感謝の念や謙虚さを抱くことが心を鎮めることになるということなのだろうか

可憐な白い蓮を前に少し考えてみた
正解はわからないけど
考えることは大事な行為

その日の午後には梅雨明けしました


この不安定な天候が終わり
早く被災した地域が復興していくことを心より願います
Nature - -
7月の営業について
紫陽花には雨があう
乾いた空気
爽やかさも涼しさも好きだけど
大地に潤い与えたまえ
夏はそれからゆっくりおいでください

雨乞いのあかさたな、でした

なかなか雨が降りきれない今年の梅雨ですね
ですが湿度は高いので空気の重みを感じます
身体になにか巻きついているのか
まるで水の中を歩いているよう
今年はそんな時に簡単なyogaのアーサナとっています
特に私は腰周り、股関節周りを意識していますが、
終わった後に巻きついているなにかがとれて身体がぐっと軽くなります
きちんとしたポーズややり方にこだわらず、大きくゆっくり身体を動かせばよいと思いますので
皆様も一度お試し下さい



さてさて、早くも6月終了です
今年の半分が終了と思うとちょっとびっくりしますね
またもやギリギリになりましたが
7月の営業スケジュールです




カレンダーをめくると夏模様
大蛇山の練習も始まっているようです
子供たちの夏休み
ママたちは忙しくなりますね
夏休み前にでもお身体整えにいらしてください

7月もよろしくお願い致します


Information - -
あかさたな
カラカラな梅雨の日々
今日は雨と聞いていましたが、どうでしょう
雨乞いにてるてる坊主を逆さまにしてベランダに置いていてみようかな…
と懐かしいことを思い出しました

ここ最近の日照りのような日差しが夏を思わせましたが、
暦の上では本当に夏至となります

夏の到来も、梅雨の雨があってこそ嬉しいものですね


さてさて
6月の初めにまたヨガメイト1号さんと朝YOGAしました
→neiランチのセットコースにしたので後半はランチの妄想に若干集中力落ちるワタクシ
まだまだ修行が足りませぬ


今回はあかさたなにチャレンジ

あ 足裏と指の間を
か 風が通って心地良し
さ 爽やかな朝にゆる〜りYOGAで心身綻ぶ
た 高らかに唄う鳥の声に癒されて
な 長めに呼吸しお腹を空かせる



しっかりカロリー消費しました
そして栄養満点ご飯をいただきました
心身満たされる
気持ち良き爽やかな梅雨の朝YOGAでした



Body - -
6月の営業について
今朝はグレーな空模様
もわっとした空気に湿度を感じます
先日お客様から
梅雨に入りますのでご自愛ください
とのお言葉いただきました
そろそろそんな時期だなぁと思ったのでした

梅雨は苦手です
東洋医学でいう、湿
アーユルヴェーダでいう、KAPHA
どちらも溜め込みやすいタイプ
今年は漢方かハーブティーで排出を試みますね


外界の湿度が高いと自然に体内に水が増えます
それが膝や足首など痛みの原因になることもあります

そこで6月は流すをテーマに施術しようかと
背面リンパも行います

お身体の状態お聞かせください
お一人お一人に合わせた丁寧な施術を行えたらよいなと思います

6月も宜しくお願い致します





Information - -
さつき
もうすぐ5月も終わります


もう誕生日を迎えたかな
この頃に思い出す女の子
さつき


“ 5月が誕生日なの?”

“ 当たり前やろ〜”

ケラケラと軽やかにさつきが笑ったのを今でもしっかり憶えている
大学一年生時の寮の同部屋の女の子
四国の出身で語尾につける方言やイントネーションが違って新鮮だった
目がぱっちりして、小さな可愛いお顔
ショートの髪型が爽やかでよく似合っていた
スタイルもよくて、オシャレで
性格も人懐っこく、明るくよくケラケラと笑っていた

彼女はすぐにアメリカに短期留学し、
実質三ヶ月とちょっとの共同生活
その後お部屋も変り、寮を出て、それぞれの暮らし
クラスも違ったのであまり会話もなくなっていった

卒業してしばらく
彼女から小倉の一人暮らしの部屋に手紙が届いた
彼女の丸っこい懐かしい字
すぐにケラケラと笑うさつきの姿や声を思い出した


どんどん話さなくなって距離を感じて
寂しかった
もっと話したり笑ったりしたかった
と綴られていた
すごく嬉しかった

当時新卒の私は慣れない営業の仕事に全く余裕がなく
常に不安な日々を送っていて
さつきからのしみじみとした優しい気持ちにしっかり向き合ったお返事を書くゆとりすらなかった
だから、あの想いのこもった手紙に私は答えられていない

ありがとう
嬉しかったよ
そうだね、私も話したかったよ

これだけでもよかっただろうに
その時から既に20年弱の時が過ぎた

いつもこの若葉の頃に
ちょっと苦くさつきを思う
さつき
誕生日おめでとう

大学の数少ない友人に
さつきは高校の同級生と結婚し、
子供二人と大阪で暮らしていると聞いて
よかったな、よかったねと思った





いい思い出ばかりではなく
悲しいことや苦しいこと
寂しかったこと悔しかったこと
そんな過去の感情がふわりと過ることがある
割とたくさん

いつも思い出してはかき消して
忘れてしまおう
過去のことだと頭を切り替えていた

けれどある日
過去のことに向き合って、受け入れましょう
と、あるテレビ番組で 過去の悔しい感情をなくすためのアドバイスをしているのを見た

あぁそうか
忘れようと追い払うから頭の端っこに置かれたままなのだ
今のことばかり頭の整理をしていた
過去のあんまりよくないこともちゃんと受け入れてみれば、克服し苦しむことはなくなるのかもしれない
と思った


きっといい思い出に変わるよ


そんな言葉をこの前聞いて
思い出が変わることがあるんだと知った
そんな素敵なことがおきるのか
私の頭の端っこに置いてるたくさんの小石のような過去の感情を
ちゃんと受け入れ認める
この手に包み込んでほぐしていけば
小石の塊ではなくなって
ふわりと柔らかく綿毛のようになるのだ ろうか

酸いも甘いも
全て愛しき過去のわたくし
それもできたら更に強い自尊心が持てるのかもしれない

Heart - -
| 1/54 | >>