咲きたての春

日に日に春めく今日この頃


“ちょっと早いけどいいですか〜”

いつものように高らかな伸びのあるお声でドアを開けるマダム

昨日は月に一度のマダムの来店の日

マダムの代名詞がぴったりな華やかな雰囲気を纏った方です

昨日はより一層の晴れやかな笑顔でご登場

“庭で今朝咲いたばかりの椿です”

と摘みたてのお花を手のひらに大事に持って来てくださいました





センスがないので上手に活けられないのが残念ですが、ガラスの花器にフォローしてもらい美しげに飾れました

マダムも喜んで下さり、

今お部屋の空気を明るくしてくれています


葉っぱは艶やかな濃い緑

花びらはふんわり咲きたてで柔らかく色鮮やかなピンクと白

挿し色に花粉の黄色


春です


蕾ふくらみ

(私の顔もふくらんで見えます…

マッシュルームにしたからだと思いたい…)

あちらこちらにお花咲く


鳥もあちこちでさえずっています

おとといの外出先の有田では、小さく鳴くウグイスの声を聞きました

まだまだ練習中な感じで、これから上手になるのでしょう


思わず深呼吸したくなるような澄んだ空気

深く吸い込むと草の香りが鼻腔に広がり途端に癒されました

大好きな草の香り

実家に帰ったみたいと、思わず呟いてました

実家の裏には山があり、田畑に囲まれ育った私には懐かしくもある春の香りと景色と音


21,22は慰安旅行で“TIMERの宿”へ行ってきます

今回はわざわざ下見に行ってきたのです


神さまみたいなヤギもいます

まだ小ちゃいけど



こちらの宮部の原っぱも緑に覆われてきました

朝お店に到着し、車を降りるととても賑やかな気配です

草木も花も生き物も日の光で育ちます

紫外線も気になりますが

お日様の光を浴びましょう

元気になります



Nature - -
小雪

“こゆき”ではなく

“しょうせつ”です

22日頃からの節気のことで、いよいよ本格的に冷え込む頃となりました

好きな季語の小春日和もこの頃の春のような陽気の日のことを指すそうです

今日はまさしく小春日和

光のどかですね

心満たされます〜


最近の佐賀の街中は街路樹が色鮮やかで

却って田舎道より紅葉を満喫できます

山粧うならぬ街粧う、といったところ

出勤途中のルートは稲刈り後の田圃が多く

大豆も枯れ果てて、冬枯れというのか

とても物哀しい様相

今朝は3度と冷え込みカチコチの朝の風景に冬の始まりを実感しました


寒さに弱いワタクシは

今年は冬の寒さに白菜や大根の甘味と増すと思うことと致します

寒気を食い気で呑み込むイメージ

何事も明るく強く越えてしきたいですし



それはさておき、

昨年は余りにも寒くて、目眩、高血圧の方続出でした

今年はそうならないように早めに対策施術に入っています

元気に冬を越す為に、皆さまも早めにお出で下さいませ〜



Nature - -
ヘビにカメに白ウサギ

毎日毎日暑いですね

まだ7月です

8月はどうなるのでしょう


気温と共に表示される体感温度

これが連日40度以上でお風呂並み

先日、最高で44度の日があって

お風呂より熱いこの数字のときは衝撃でした

(体温より気温が高いと汗をかいても体温が下がらないそうです

熱が体内にこもったままになり

より熱中症になりやすそうです)

暑さのランクが上がった印象


昨日読んだ記事によると

今年は北半球全体での気温上昇であり

地球温暖化の影響だという結論に至ったそうです

エルニーニョやラニーニャと言った気象状態によるものではないのです

今後ずっとこんな夏になるということでしょうか…


人間の快適な生活のための生産活動が

結果的に招いた温暖化

朝から暑くてついエアコンのスイッチ入れます

涼しい空気をお部屋に送り

外には室外機から熱風吹き出している

車もエアコンなしでは乗れない熱さです

後ろからは排気ガスを排出してます


大きな商業施設の空調や照明、音響での電力利用状況をみると、

個人レベルでのエコや節電はちっぽけ過ぎてあまり意味をなさないように感じてしまう

ああいう大きな施設は月の電気料金ていくらくらいなのでしょう

使ってもらうことで利益を生み出す企業もあるので、社会は複雑

エコ叫ばれる社会でもあるけど

エコも産業になっているという見方もあるようです

未だに経済成長を謳う社会ですし…

だけど、地球温暖化となるとやっぱり個人の意識も大切ですよね



今年は夏休みのプールが中止、外出禁止なども叫ばれていますが、暑さは気力を奪います

外出する気力がなくなる

昨日の夕方お店の前には車が止まっていないところも多かったです

人気の無い猛烈な暑さの中

蝉の声が暑さを増幅します


静けさや

岩にしみいる

蝉の声

と、芭蕉の名句が過る日々




あ、動物つながりで、

タイトルの“ヘビにカメに白ウサギ”は

トイレにヘビ

道端にカメ

団地の空き地に白ウサギ

この一週間で遭遇した動物です

暑いからか思わぬところに思わぬ生き物がいたりします

とても驚きました〜

台風も変な方向から来ていますし

皆さまご注意下さい

さらに

引き続きご自愛下さい







Nature - -
カラカラとケロケロ

なんとなく間の悪い月のようです

間が悪く更新できずにおりました


カラカラの空梅雨だなと思って綴り始めたら

次の日は雨

ケロケロと鳴くカエルの大合唱や雨のことに触れてみると

翌日は晴れて実に爽やかだったり


そんなことも含めて書いていたら

大きな地震が起きて

平和で穏やかな内容がお気楽で軽薄な印象になったようで、やめてしまって

6月下旬となりました…


先日21日の夏至の日を境に日がまた短くなっていきますね

折り返しの始まり

流れがまた変わって行きます





自然はいつどうなるかわからないし

どこで何が起きているのか知らなければ穏やかに見えている


先月筑後地方で起きた震度2の地震に驚いて

しばらく大丈夫かなと思って過ごしました

その後地震が再び起きることはなく

また忘れかけていた矢先

関西での大きめの地震です


こちらに来られたお客様の親戚や知人、友人の方々は大丈夫だということです

早めのライフラインの復旧と地域社会の復興を願っております




ずっと世の中こうだったんだろうけど

いつ何が突然起こるかわからないものだとこの一年くらいで強く感じるようになりました


だからこそ日常の暮らしを普通に送れることがどんなに有り難く、幸せなのかも知ることができました

辿り着くのはいつもそこ

これが真実なのだろう


場所を提供してくださっている大力茶屋の社長

そこを支えて下さる社員、アルバイトの方々

お隣で見守ってくれるcafe neiの店主、スタッフのみんな

そして何より、大力茶屋に食べて来てくださるお客様のお陰で

この宮部の森の美しさや原っぱの緑、

小川のせせらぎや、建物が保たれているのです

本当にありがとうございます


感謝の念を忘れず、そして謙虚に

私はここで私ができることをして

皆様に安らぎや寛ぎのお時間をお過ごしいただけたら幸いです




さ、今日は久しぶりに4人の方にお越しいただきます

最近力を持て余しているので楽しみ

お時間ある方、最近土日ゆっくりしておりますので是非お越しくださいませ〜!

Nature - -
お堀の蓮




“ お堀の蓮が見頃 ”
その記事を目にしてからずっと観に行きたくて、ようやく先日行ってきました
車を降りるときに見上げた空には黒雲
にわかに雨が降り出しました
このところ天候の変化がとても激しいですね
日傘を携帯して正解

雨の中でも蓮は美しかったです
白い花はもちろん
茎は枝を広げることなく一本、水面からすっくと真っ直ぐ伸びていて
葉はとても大きく直径30センチくらいの 中央がやや窪んだ丸い形
その窪みに朝露なのか雨水なのか
水が溜まってまた美しい
まさしく水玉
この清廉潔白な美しさを見ていたら
蓮の花になりなさい
という言葉の意味がわかる気がします


このお堀の水や川
当たり前のように水が流れているけれど
もともと佐賀には大きな川がなく大規模な治水事業によって水を引き市内が潤うようになったそうです
水をなくしては生活もできない
生活や農業用水として水がある暮らしを営めるようになり
当時の佐賀はどれだけ生活が変わっただろう


だけど、水によって生活ができなくなることもあります

7月に入ってすぐ中学の頃の7月2日の洪水のことを思い出しました
それに5年前の八女の水害のことも
どちらも7月だったから
何も起きないとよいなと思っていたところに今回の大豪雨

こうやってありえないことがまた突然起きるのです
こういう災害が起こると何も言葉を発することができなくなる
あれから毎朝筑後川の橋を渡りながら
溢れそうな濁流の水位が下がり、
水の色が戻ることを願うしかありませんでした
現代の科学や技術をもってしても
自然には及ばないのだとまた痛感

すぐそばで大豪雨、近くでは地震や噴火
九州だけでなく日本、世界各地で自然災害は多発していて
九州は、日本は、世界は、地球は大丈夫なのだろうかとふと漠然とした不安に陥る

それでも朝はやってくるし
いつものように生活するわたしたち

心構えと備えが肝要


人が自然とつながりを感じるときに
心が癒されるものである

そう書かれていた本の一節は
晴れた日の穏やかな日常の中に於いて納得できたけど、このところ素直に読み取れない
自然や今ある暮らしに対し
感謝の念や謙虚さを抱くことが心を鎮めることになるということなのだろうか

可憐な白い蓮を前に少し考えてみた
正解はわからないけど
考えることは大事な行為

その日の午後には梅雨明けしました


この不安定な天候が終わり
早く被災した地域が復興していくことを心より願います
Nature - -
| 1/7 | >>