お堀の蓮




“ お堀の蓮が見頃 ”
その記事を目にしてからずっと観に行きたくて、ようやく先日行ってきました
車を降りるときに見上げた空には黒雲
にわかに雨が降り出しました
このところ天候の変化がとても激しいですね
日傘を携帯して正解

雨の中でも蓮は美しかったです
白い花はもちろん
茎は枝を広げることなく一本、水面からすくっと真っ直ぐ伸びていて
葉はとても大きく直径30センチくらいの 中央がやや窪んだ丸い形
その窪みに朝露なのか雨水なのか
水が溜まってまた美しい
まさしく水玉
この清廉潔白な美しさを見ていたら
蓮の花になりなさい
という言葉の意味がわかる気がします


このお堀の水や川
当たり前のように水が流れているけれど
もともと佐賀には大きな川がなく大規模な治水事業によって水を引き市内が潤うようになったそうです
水をなくしては生活もできない
生活や農業用水として水がある暮らしを営めるようになり
当時の佐賀はどれだけ生活が変わっただろう


だけど、水によって生活ができなくなることもあります

7月に入ってすぐ中学の頃の7月2日の洪水のことを思い出しました
それに5年前の八女の水害のことも
どちらも7月だったから
何も起きないとよいなと思っていたところに今回の大豪雨

こうやってありえないことがまた突然起きるのです
こういう災害が起こると何も言葉を発することができなくなる
あれから毎朝筑後川の橋を渡りながら
溢れそうな濁流の水位が下がり、
水の色が戻ることを願うしかありませんでした
現代の科学や技術をもってしても
自然には及ばないのだとまた痛感

すぐそばで大豪雨、近くでは地震や噴火
九州だけでなく日本、世界各地で自然災害は多発していて
九州は、日本は、世界は、地球は大丈夫なのだろうかとふと漠然とした不安に陥る

それでも朝はやってくるし
いつものように生活するわたしたち

心構えと備えが肝要


人が自然とつながりを感じるときに
心が癒されるものである

そう書かれていた本の一節は
晴れた日の穏やかな日常の中に於いて納得できたけど、このところ素直に読み取れない
自然や今ある暮らしに対し
感謝の念や謙虚さを抱くことが心を鎮めることになるということなのだろうか

可憐な白い蓮を前に少し考えてみた
正解はわからないけど
考えることは大事な行為

その日の午後には梅雨明けしました


この不安定な天候が終わり
早く被災した地域が復興していくことを心より願います
Nature - -
桜の道



先日4/1 休みの日に徐福サイクルロードを歩いてきました

佐賀と瀬高を結んだ佐賀線
小学生高学年の時に廃線になったと記憶しています

廃線後は車の通らない、人と自転車行き交う為の道と姿を変えて市民の方々に利用されているのです
筑後川までの全長4.5キロの道

今は桜の道
この日満開でした
お散歩花見は一年越しの念願





テイクアウトのカフェラテ片手に14時に歩き始めました

今日は気温もちょうどよく、風も強くなく、何より桜が本当にきれいです



スタートから少し歩くと
みなみさが駅

小さな広場があって
子供達が草野球していたり、おじいさんがベンチで桜を見上げていたり

改札はトイレへ
壁には名残の運賃表と時刻表




見えるかな…
行先は瀬高です
ここで瀬高って見れるなんて思いがけず嬉しい
運賃380円は安いですね



サイクルロードと言うけれど歩く人のほうが多く
ご夫婦、お友達、親子三代、私みたいに一人だったり、ペットと一緒だったり

それぞれのペースでこの道を楽しまれている様子







私の歩みで9歩分くらいの等間隔に桜
それが両脇にあって桜のトンネルみたいでした



てくてく






いろんな方に追い抜かれながら
30分かけて一駅分歩きました
光法駅

ホームが残っています
素敵ですね

これから明るい旅が始まるよう
桜の花びら舞い散る中
出発〜
なんてイメージ湧いてきます





私の続きは緑の葉生い繁る5月かな
自転車で往復できたら楽しそう


のんびり折り返し
帰りも桜を見上げてゆっくり帰りました


夜は神野公園へ
夜桜見ながら多くの方がお花見
夜も賑わう公園をゆっくり歩いて
この日は佐賀の桜を満喫しました
今年の春を満喫です

この時期あちらこちらに桜の姿
待ち侘びる春の象徴

これからは風に吹かれ桜吹雪かな
また散り際も美しいですね


皆さまも今年の春を感じてみてください



Nature - -
大寒です!


( 大変です!のイメージです )

先日21日から季節は寒さのピーク大寒となりました
旧暦のいちばん最後の節気であり、いちばん寒い時期です


明日、明後日は更に冷え込むとの予報

大変です!
あたためましょう
内と外からあたためましょう


内はお食事、飲み物

アーユルヴェーダでも東洋医学でも
スパイス類はオススメされています
今や寒さ対策の代名詞のような生姜
にんにく、シナモンやブラックペッパー、
一味や七味類などお料理に是非

飲み物もカフェインが体温低下を招くとも言いますし、なるべくカフェインレスがよいかと
わたくし今年はほうじ茶にはまっております
去年からルイボスベースのチャイも愛飲

スパイスは胃の中でも刺激を与え熱を発します
胃腸の弱い方は特に摂りすぎにご注意下さい

この時期には身体を温めるためにエネルギーを消費してしまうので、栄養を蓄積する必要があるそうです
春の花粉症の原因は冬の不養生とも

今のうちに冬野菜をたくさん食べ、うなぎや豚肉など免疫力がアップする食品を意識して食べてみてはいかがでしょうか


外は防寒と予防
重ね着に重ね履き
首元や腰まわりお尻も温めて全身への血流促しましょう

寒さで風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなども流行りそう
帰宅したらまずうがい手洗い
外出時にはマスクの着用で予防です

気温差が7度以上になると鼻の粘膜が緩んでアレルギーに似た症状( 寒暖差アレルギー 、医学的には血管運動性鼻炎)となることもあります
今年はわたくし経験済
鼻水が止まらずとても辛かったです…
これもマスクで鼻周りを保温することで予防できそうです


そして
お部屋でも暖房が欠かせませんが、
寒さの余り設定温度を上げすぎるのは乾燥の元
乾燥からドライアイや喉の痛みが発症し風邪の原因にもなりかねません
お部屋は是非加湿を
加湿により体感温度も上がります
エアコンなどの設定温度も下げられてとっても快適な室内になります




寒さでお身体が固く縮まっている方がとても多いここ数日
寒さは最も厳しいですが、
日が次第に長くなり、春へ向かう時期でもあります
寒さのあまり行動力が衰えがちですが、
春に備え、心身を整えておきたいものです


皆様どうかご自愛ください
寒さを乗り切りましょう








Nature - -
春へ
今日は節分
お客様から恵方巻きのお話出たり
豆まきのニュースを見たり
ちょっと賑やか

大寒の最終日
明日は立春
春の言葉が嬉しいですね

いつからかこの日で一年を区切るようになりました
明日から新しい年がはじまる感覚です

世界を覆っていた不穏な空気も消え去ってほしい



自然の中に生かされていることを忘れず
日々、感謝の念を持って終われたら…
そんな謙虚さを忘れずにいたい




今日は久しぶりに夕暮れ時にお部屋の外を眺めることができました
なんとも美しい時間

少しずつ日が沈み
辺りが刻々と暗くなる
お部屋の中に影が生まれる
間接照明の柔らかな灯りが外よりも明るくなっていく
昼と夜の入れ替わり
陽から陰への変動の時

今日はそんな合間の瞬間が撮れたような気がします





帰りはやや満月の夜空
星も瞬き空気は澄んでいる
明日も冷えそうです
だけど、春はもうそこ

Nature - -
お便り

昨日、素敵な便りを頂きました
見事な紅葉の写真

地元のみやま市の清水寺
本坊庭園






室町時代に雪舟により造園されたそうです
遠くの山も庭の風景の一部となるよう計算して造られているのだとか

今年は十年ぶりの見事な紅葉なのだそう

小春日和に山粧う
この週末は穏やかで本当に心地よく
山々が色付き、色めきとても美しかった

冬の寒さを前に日差しや彩りで温か味を感じました


今日は午後から晴れ間が見えます
ここ宮部の森の木々も
それぞれに色を違えていて
今日は最高に美しい
紅や朱色、橙、黄色の葉っぱが
光を受け、風になびき輝いています





Nature - -
| 1/6 | >>