不の“しょうか”法を考える

ここ数日大雨が続きますね

今朝はここ宮部の森も大変でした

一時的に大量に降るので駐車場は浸水

排水キャパ超えの裏のお池に容赦なく雨が降り込み決壊するんじゃないかとハラハラでしたし、

ラマージュのお店の中の床上浸水シーンが否応無しに過りました

裏の川も水位が上昇し、あと数センチで田んぼに流れ出すのではと危機感覚える大豪雨でした


雨雲レーダーで今後の予測を確認し、お客様も予定通りお越しいただくことになり、一安心



もうすぐ梅雨明けなのでしょう

早くこのジメジメ重たい空気が流れて行かないかと願います

次は酷暑の夏

今度は暑さがやって来ます

私は夏の方が得意ですが、もちろん苦手な方も多いです

しっかり栄養と睡眠とって乗り切りましょう



では、不のしょうか法についてです

ふ、とは最近私が感じた“不”のつく感情

“負”の感情とはよくいいますが、

不安、不満、不信感

と漢字では“不”が当てはまるので

敢て不の感情と括りました


突然のハプニングに見舞われ、

あまり仕組みのわからない中動かなければならなくなりました

指示や案内がないまま尋ねながら進むことになりました

どうすればいいのかわからない不安

放ったらかしにされる不満

ようやく対応してもらったものの、最終的に言われた言葉の酷さに強い怒りと共に強烈な不信感を抱く出来事がありました


このお仕事をするようになり、社会の流れのちょっと外を自分のペースで進んでいたので、こんな不のつく感情を味わうのは本当に久しぶり

たまに雑な接客や横柄な態度を受けてイライラすることはありましたが、こんなに続けて心がよくない感情でうごめくのことはほぼなかったです

それだけ日頃皆さまの優しさと思いやりに守られているということでもあります


なので、この不の感情をどう“しょうか”していくかをいろいろ考えてみたのでした


[ 浄化 ]とはちょっと前に流行ってましたが、そんなキラキラな感じはあまりしっくり来ない

まず浮かんだのは[ 消火 ]

怒りの先にその不の感情があるようで

心はメラメラした状態のイメージでした

それを口にして吐き出してしまうのがいちばん早い!

ゴジラのように口から炎を噴射してガオ〜!

怒りのままに〜!

一番感情が昂ぶっているときはそれしかできない気がしてました

だけど、それはちょっと激しい

ちょっと被害を出してしまい、反省


だからそうではないほうがいい


しかも時間をかけていくとそれが怒りとはちょっと違う感情だなと思ったのです

怒りの根っこにあるのが、不安や不満で

それは恐怖心に近いものかなと思いました

薄黒いモヤのようなものがグルグルと渦を巻いている感じ

だからモヤを自分なりに咀嚼して、飲み込んでしまおうと次に[ 消化 ]が浮かびました

飲み込もう!

発して誰かに被害を与えず、消化してしまえば自分の中だけで片付けられる!

よい方法だと思って飲み込むつもりだけど、なかなか飲み込めていなくて、ずっとある

もたれる…


ということで、消化は難しかったです


それである日、ちょっとお客様とそんなお話になって、それは笑いがいちばんよ!って

笑うとそんなの吹き飛びます!って


なんだかじんとしました

長年身体の痛みから鬱状態で苦しんで来られた方の言葉だったからです

ご自分でそうやって体感、体得して来られた言葉には強さがあります

最近のお顔はにこやかで微笑みに満ちておられる

苦しかったこと悲しかったことが過去のことになって、今を幸せだと仰る姿は本当に清々しく明るさを感じます


私は不のダークな感情に飲み込まれてたかもしれません

だから忘れてしまっていました

私の大好きなチャップリンの言葉

“ 人生は喜劇である ”

いろいろ大変なことがあっても悲劇にしたくない、ユーモア持って喜劇にしたいなって思っていたのに〜

思い出してよかったです

ありがとうございました


物事に真正面から面と向かって格闘するんじゃなくて、ここは明るく笑いで吹き飛ばす!


そして浮かんだのは[ 昇華 ]

これはしっくりくる

そしてちょっと頑張って身につけないとできない感じがいいです


以前、TIMERの宿の博子さんが冊子に書いていた言葉が私の心にすごく響いたのですが、

“不安を前に進むエネルギーに変えて、動いた”

(正確な文言は忘れてしまいましたが、確かこんなニュアンス)


こんな気持ちの転換が出来るって素晴らしいと思ったのです

イライラと感じたことはちょっと吐き出してスッキリさせてもらったり、

きついこと、悲しいことも、言葉に出すことで気持ちを軽くしてきた私には、すごく憧れる


感情をそれとぴったりの言葉で吐き出して軽くするのではなく、

笑い話にする、どなたかに違う行為で喜んでもらい、不の感情も昇華させられるようになりたいと思います


それより更に上級者コースは

功徳を積む

ということのようです

これもまた別のお客様が何気ない会話の中で言われた言葉でした

とても素晴らしいし、いつかはそうなりたいのですが、上級者コースはもうちょっと先かな

まずは昇華法を身に付けたいです


まだまだ未熟者でして

できないことばかり

今後とも皆さまのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます




あら、外は蝉の大合唱が始まりました

日も差してきてこんなに急に夏の到来?

なんてまぁ忙しい

身体がなかなかついていけませぬ〜






Heart - -
ジミトクドセンドタ

呪文のような言葉ですが

漢字で表記すると

“自未得度先度他”

和文で

“おのれ未だにわたらざる

先に他をわたす”

意味は

いいことは他人様を先に

自分のことは後回し

“お先にどうぞ”

という意味だそうです


これはいつもお世話になっている叔母が教えてくれた相田みつをさんの

  お先へどうぞ

     ー自未得度先度他ー

という詩の言葉です




この詩の最後に書かれている箇所が好きです


お先へどうぞ

といううるおいのある

美しい日本語で

お互いに呼びかけ合える

世の中になってほしいなあー


梅雨にぬれて

一段と色鮮やかな

あじさいの花が

ある日の午後しみじみと

私にかたりかけてくれました



叔母はこの詩を丁寧な文字で半紙に書いて渡してくれました

一文字一文字ゆっくり書かれた達筆な字

ペンの運びが丁寧で文字と文字の間が一定

罫線のない紙にまっすぐ上から下に進む文章

長めの詩を半紙にきれいに納める配分


忙しい人なのに、ゆっくり丁寧に書いてくれたことが一目でわかる美しさ


仕事を終えて疲れた身体で書いてくれたのでしょう

丁寧な文字がその叔母の集中力や労力を表していて、さらにこの詩への想いを感じることができました

この詩そのものも現代の荒んだ人の心を嘆く相田さんの優しい眼差しに溢れた詩です

ご興味おありの方は是非お読みください



ジミトクドセンドタ


私はお部屋の壁にそのまま張り紙し

毎朝読んでいたら

いつしかゴニョゴニョ呪文のように唱えるようになっていました


ジミトクドセンドタ




ようやく梅雨入り

梅雨の時期に皆様にご紹介できたらと思っていたのでした

身体は重たくなりますが、自然にとっては恵みの梅雨

あじさいがより艶やかで美しい

恵みの雨です


大地に潤いを

人の心にも潤いを









Heart - -
雨水の夜の満月に


2月に入って悲しい、淋しい、切ない、苦しい

そんなお話を多く聞きました

そんな出来事は突然起きてしまう

平和な日常のいつもの景色が

一瞬で変わってしまう


信じられないようなことが自分の身体に起きてしまったお客様

お電話で話した時、余りにも驚いて携帯を当てていた右耳の周りがズキズキしました

そして言葉が胸に突き刺さってきました

聞きながら泣いてしまった私に

奇跡を信じて頑張ると言われ

私は涙を拭わなきゃと思いました


自伝が書けるくらいよと笑って過去のエピソードを話された時、なんて強くて大きな方なんだと思ったことがありました

いろんな逆境を乗り越えて来られたあなたならできる

私も信じています




今日から雨水

少しずつ暖かくなっていきます

悲しみや切なさにちょっと飲み込まれそうになってた今日この頃

ですが今日は今年一番のスーパームーンとの記事を見つけ、ちょっと心がワクっとしました

月が地球に最接近するのは真夜中だそうです


深夜の大きな満月が静かに眠る世界を優しく照らす

それをイメージするだけで心も月明かりに照らされ、優しく静かになにかが満ちて行きそう

深い闇も月の柔らかな光が四方に広がって世界を包み込んでくれる


きっと良い方に向かうはず


雨水の夜の満月が

皆様を柔らかい穏やかな光で包んでくれますように…








Heart - -
2019→

年明けから早1週間

ほぼお仕事、学校もスタートでしょうか

穏やかなお正月を迎えられたかと思っていた矢先に揺れましたね

3日と6日夕方の地震は怖かったです

地震警報のアラームにはやっぱり身構えました

皆さま大丈夫でしたか?


4日からこちらでお会いしたお客様それぞれとも地震の話になりました

熊本地震の恐怖がしっかり残っているのか、

余震の恐怖は皆同じ

まだ油断できませんね

高齢の方やお子さんたちは、食事が喉を通らなかったり、避難準備でリュックを持ち出したり、テーブルの下に隠れていたりされたようで、より不安や恐怖を感じやすいようです


いつ何があるかわからないとわかっているけど起きると慌てる

もう一度避難準備の見直しをして備えておかねばです

冬の寒い時期、電気がない暮らしは想定していません

寒さに弱いワタクシ、先ずはカイロなどのあったかグッズの補充です



さて、一年の見通しを立てるのも日常が続いているという予定のもとなのですが、

そうあってほしい希望も込めて今年も思う事を綴ってみます

気楽にお読みくださいませ



今年は新しく始めたショートトレーニングの流れを作れたらと考えています

昨年末になんとかカタチに仕上げ、何名かトライして下さいました

私が一番やりたかったことはこれなんだなと実感します

整体やリンパ施術の手技のアレコレはなんとなく体系化できてきたので、昨年10月くらいから施術のその先を考えるようにしてきました

お一人ずつ、どういうストレッチやセルフケアをすればよいかを考えて終えるように私もトレーニングしてました

まだまだこれからの新しいコースですので、

皆さまのご意見頂戴しながら組み立てていけたらと思います



YOGAを始めて10年以上が過ぎました

個人レッスンをさせていただき9年目


個人的にまだまだできないアーサナもありますが、これからできるようになったら嬉しいなと思います

YOGAはやはり瞑想なのです

自己内観の為の集中の時間として身体と呼吸を整える

最終的なアーサナの完成形ではなく、そこに向けて変化する過程を大切にする

そこに集中することが瞑想、内観であり、

それ即ちYOGAなのだと思います


お隣のレンタルルームでもYOGAのレッスンに3名の先生が来られていますし

イベントには多くの方が参加され、今や一般に認知されたんだなと感じます

近くの通い放題のホットヨガには人数が多すぎて入れないことがあるようです

私が昨年久しぶりにレッスンを受けたのは先着順で締め切られた老若男女30名程のクラス

参加した方々はアーサナを取る為、身体を無理矢理捻(ひね)ったり捻(ねじ)ったりして見ていて痛々しかった

もっと身体を緩めて気持ち良く動かすことができますよ、とお一人お一人に声かけしたいお節介心も湧き上がり落ち着かなかったです


(結果的にこれもショートトレーニングの必要性を感じるきっかけの一つになりました)


はたまた、YOGAに対するクールな意見も聞きます 

一般の方の目で見ると40分はとても長いようで、疲れた身体に40分はとても酷に感じ気持ちが向かないそうです

これは貴重なご意見でした

YOGAの世界だと40分は短くて、当初相談した先生にはそんな短時間で何するの?と言われました

しかも9年前、個人レッスンなんて殆どなかったので、料金も高い!と…


ですが、一人でやって行くために、できることをしなきゃと、私はYOGAをやるしかなかった

人前で話したり、人に見られたり、大の苦手の私ができそうなことで、限られたスペースを活かすには個人レッスンしかなかったのです

料金も一人の為に使う時間から考えると破格なのですが、自己鍛錬させて頂くご奉仕と思い決めました


幼少の頃から引っ込み思案だった私が今はこんなことをしているなんて本当に驚くべきこと

今ではYOGAのお陰で私自身の弱さや臆病さを少し克服できたかなと思います

やってみるとできるようになる

シャイガールちづるの頑張ったことの一つです


しかしYOGAもここまで人気が出てくると、インストラクターもたくさんいらっしゃいます

そんな世界を見て、私がすることはYOGAじゃなくてもいいんじゃないかと感じてしまい、同じ世界で技や個性を競って、選ばれるようにアピールすることに気持ちが向かなくなっちゃいました

違うカタチ、自分のカタチで皆さまの元気な暮らしのサポートができたらと思うようになったのです


ただ、有難いことにこちらでのYOGAを好きで通って下さる方々もいらっしゃる

私もYOGAのレッスンをしなくなって、案内が出来なくなるのは嫌ですし、ご希望の方には細々と続けていけたらと思います




この場所を提供していただけて、早10年

まだここでさせていただけるのなら、今までのコツコツを本当に活かしていくのがこれからのテーマ

私だからできることがあるんじゃないか

したい事をやってみよう

新たなチャレンジの年だなって思ってます


この社会にはそれぞれの暮らしや事情や考え方があります

それを尊重し合い、皆さんが元気に過ごせるといいなと思うのです

シンプルに、施術が終わった後やお店を出られるときにお互い笑顔でいれたら嬉しいです


私は組織から抜けた隠居の身で、役割としては黒子のイメージ

縁の下の力持ちでありたい

既に社会やファッションの流行にはあまり惹かれなくなっちゃって、来られたお客様から教えていただくことも多いです

けど、それでよいのです

そうやって少し社会の流れを知っておいて、あとは好きな世界に邁進です

コンビニ人間ならぬラマージュ人間



根っこの静かで大きな変化を綴りましたが、

お店でできることは今までと変わりませんので、皆さま安心してお越しください

きっと自然の威力に圧倒される時はあるでしょうが、日々に感謝し、皆で励まし合って、元気に過ごせるとよいですね




2019年も何卒宜しくお願い致します




Heart - -
言葉の背景

急な寒さは身にしみて慌てて真冬仕様

防寒に厚手の服を着込んだら

重ね過ぎました

重たいです

しかし寒いよりはいい

寒さは堪えるけれど、だからこそ冬

暖かな12月はちょっと違和感ありました


そうそう、冬はエネルギー充電期間なのだそうです

あまり動きたくなくなるのも充電の証しなのかもしれません

無理せず参りましょう



さてさて、本題


ここ最近お客様との会話ややりとりの中の言葉のいくつかが、ふと頭を過ります

過る言葉は心に響いたり、刺さったりした言葉

それは発した方の今の外見と真逆のイメージだったりもして、驚くこともあり、しかしまた妙に納得することもあり、

さらりと流れていかない含みを与えられ、私は咀嚼中


発した方々の姿とその言葉に行き着くに至った過去の出来事や想いに我が心を重ねずにはいられない

外見の明るさや華やかさ、穏やかさとは裏腹に

奥深い内面の切なさや哀しみ、そして苦しみを感じることもありました

それまでの笑顔やきらきらした姿の向こう側にその深い感情が滲んで見えてきます


私はお店やご予約のやりとりでしかお客様と関わることがなく、知っているのは本当に断片的なその方々

だから、響いた言葉の背景にはそれぞれの方の本質ともいえる心理が露われているように感じたのです

人生観を教えていただいたよう

お一人お一人の印象が厚みや深みを増し、慈しむ気持ちや、より愛おしさも増してゆくのでした


心地良い距離感を大事にしたいと思っている為、なるべく心に立ち入らないようにと心掛けています

お付き合いの長い短いに関わらず、お客様のことはお会いした時の服装や雰囲気、表情、会話でしか知り得ません

お客様も言いたくないことは言わなくてよいだろうし、いつもと違う自分を演じたり、よく見せたり、逆にヒールな部分を出したりもできるでしょう

ここでは、気持ちの赴くままに過ごしていただきたいと思っています

気を遣わず、寛ぐ部屋です

そして私はカウンセラーではありません

お身体の方は多少わかってきましたが、心については話されることを聞くしかできません

もちろん上手なアドバイスなんてできない

目上のお客様に対してはもってのほか

逆に気持ちに添えない発言で気を悪くさせたりしてないかと思うこともあります


ただ、言葉にすることが心の重さをちょっと軽くしてくれることは知っています

女子はお喋りでスッキリしますしね



言葉には想いが乗っていて

言葉によって想いが届く

言葉を大切にしたい

言葉のやりとりを大切にしたい


そう思う今日この頃なのでした







Heart - -
| 1/9 | >>