虹の橋のたもとで


まだ思い出すと涙が出ることがあります


3月の終わり、桜が満開で満月のきれいな夜でした

以前ブログでご紹介したおじいさんこと、しんが旅立ちました


倒れたあと、奇跡の復活を遂げ

よろよろしながらも極寒の冬を乗り越えて

私は会う度に安堵していました

その姿を動画や写真に残していたのは、別れへの覚悟の表れだったのかもしれません

最後の動画はお別れの一週間前

軽やかに走って、相変わらずこちらの声には聞く耳持たず、楽しそうだった

元気だったので安心して帰ったのです


お別れは突然やってくるのですね

覚悟、なんて以前のブログに書いていたけど、

感情が堰を切ったようにあふれてしまうのではないかという想像はできても、

その感情そのものをリアルに感じることは無理で、結局悲しみに飲み込まれることとなりました


しんがいない日々を過ごし始め、

会いたいと思うと、いないんだと思うしかなく

触れたいと思うけど、やっぱりいないんだと思うしかない


ふにゃっと垂れた耳が可愛かった

人差し指と中指の間に薄い耳を挟みながら軽く引くのを繰り返す

お好きにどうぞと転がったままのしん

指の間の柔らかな産毛のような短い密な毛が気持ち良く、それは私の中の癒しのときでした

両手で鼻周りを覆ってすっぽり収まる小顔の感触

あの大きさ、あの幅、あの温もり、あの柔らかさ

そのまま首回りを挟んで、

し〜んと名前を呼びながら、左右に揺らして遊んでいた

いつもしんは怒ることはなく喜んでいた(はず)

久しぶりに実家に行くと、私の4本の指の横幅としんの口と鼻の長さがちょうどよいので、握手がてら軽く握ってご挨拶

元気だった〜?し〜ん

分かる〜?誰でしょ〜?

とおじいさんに声かけするように私は大きめの声でゆっくりしんに話しかけていました


そんな日常を思い出すと

最期の冷たく硬い身体の感触やゴワゴワになった刺さるような毛の硬い感触が湧きあがる

そして涙が流れるのです

命って、温もりであり、柔らかさなんだ

あれはまさに亡骸

しんの命、魂はそこにはいない

身体が痛かったから、ボディスーツを置いて出て行ったのかもしれない

未知の世界のことだから

しくみがわからず、悲しみを振り切るために

好き勝手に想像したり、思い込んだりの繰り返し


しばらくは不在によって存在を強く感じるばかりでした

何かにつけて姿が浮かぶのです

こう長く共にいると、記憶や感覚の隅々に存在が絡まっているのだなと実感しました


しんのことを知る方に、少しずつ伝えられるようになったのは少ししてから

言葉にするだけで、もれなく涙がついてきて、まだまだだなと知る日々


ひと月くらい経ったころ

久しぶりに連絡を下さった以前の職場の方にも伝えると、

“虹の橋の詩を思い出しました

きっとしんは元気な姿で虹の橋のたもとで遊んでいるよ”

とお返事いただきました


その詩のことは知らなかったので、早速調べてみると、

飼い主より先に亡くなったペット達が、天国にかかる虹の橋のたもとの草原で元気に過ごして、飼い主がやってきた時に迎えてくれるという内容でした

本当にこうであってくれたらどんなにいいだろう

長く共に暮らしたペットを亡くされ、涙ながらにお越し下さった何人ものお客様

皆さんこの詩はご存知だろうか

私も、自分なりに肉体なきしんのその後をあれこれ想像してみたけれど、弱く淡いイメージに過ぎませんでした

このくっきりとした虹の橋の詩の世界観にふわりと安心できました


本当に可愛くて面白くて大好きだった

長い間私たち家族と共にいてくれてありがとう

私たちがそちらに行った時に迎えてくれたら嬉しいな



余談というか、本題ですが、

今朝、本を読んでる途中、顔を上げると

窓からさす朝日の光の中

ふとしんが現れて寄ってきたように見えました

しん亡き後、近づいてきてくれたのは初めてだったので、本当に嬉しかった

しんも嬉しそうにしてました(…これは飼い主のエゴです)

実はこの日が四十九日


調べてみると、この日は閻魔様が天国行きか地獄行きかを裁く日なのだそうですね

しんが閻魔様の前でおどおどして、やや上目遣いでお座りしてる姿は居たたまれない

それより

虹の橋のたもとの草原で生き生きるんるんしてる方がしっくりくる

草を食んで、しっぽふりふりあちこち匂いを嗅ぎまわり、日向ぼっこやお昼寝して、

夜には俊敏に走りまわっている

そうやっていつか私たちが行くのをのんびり待っていてほしい


虹の橋に行く前にお別れに来たのかな

なんて都合よく想像してみました(…これも飼い主のエゴ)


命って、肉体に宿っている

生きてる間なのです

触れて、会話して、ともに歩むことができるのは


今、周りに存在してくれる大切な人たちと大切に時を過ごしたい

全ては有限なんだし










Heart - -
2018→
新しい年となり半月ほど経ちます
年末年始のお休みモードから
ようやくペースを掴んで日常に戻ってきました

お客様の中には年末年始体調崩されたり、
骨折やギックリ腰、捻挫など
痛々しいスタートの方もいらっしゃいました
節気は寒の入りの小寒です
先週末は雪も降り
氷点下の朝があったほど
その厳しい寒さで身体は思っているより固まっているようです
私も動きが変でした
年明けのYOGAで身体の固さを実感
翌日は心地よい筋肉痛
なんとか身体がスムーズに動くようになりました

皆様、急な動きや長時間同じ姿勢はなるべくお避け下さい
朝起きて少し関節を動かしたりして身体の動きをよくして始動されるとよいかと思います
気をつけて過ごしましょう!



さてさて本題です
ワタクシ、本年は想いをカタチにする年にしていきます
構想5年、といえば聞こえはいいですけど
やってみようと思っているアレコレが
頭の中にはありまして
実はたまにチャレンジさせて頂きました
しかしうまくいかず、断念する始末
つい、今、ここ、を優先してきました
それで奥行きが出たように感じますが…
その幅を広げるのが今年の課題
具体的にはまたこちらでご案内させていただきます

乞う御期待!といえなところが小心者っぷりを表しますが
お客様の胸をお借りして日々精進致したいと思います

2018年も何卒よろしくお願い致します


Heart - -
さつき
もうすぐ5月も終わります


もう誕生日を迎えたかな
この頃に思い出す女の子
さつき


“ 5月が誕生日なの?”

“ 当たり前やろ〜”

ケラケラと軽やかにさつきが笑ったのを今でもしっかり憶えている
大学一年生時の寮の同部屋の女の子
四国の出身で語尾につける方言やイントネーションが違って新鮮だった
目がぱっちりして、小さな可愛いお顔
ショートの髪型が爽やかでよく似合っていた
スタイルもよくて、オシャレで
性格も人懐っこく、明るくよくケラケラと笑っていた

彼女はすぐにアメリカに短期留学し、
実質三ヶ月とちょっとの共同生活
その後お部屋も変り、寮を出て、それぞれの暮らし
クラスも違ったのであまり会話もなくなっていった

卒業してしばらく
彼女から小倉の一人暮らしの部屋に手紙が届いた
彼女の丸っこい懐かしい字
すぐにケラケラと笑うさつきの姿や声を思い出した


どんどん話さなくなって距離を感じて
寂しかった
もっと話したり笑ったりしたかった
と綴られていた
すごく嬉しかった

当時新卒の私は慣れない営業の仕事に全く余裕がなく
常に不安な日々を送っていて
さつきからのしみじみとした優しい気持ちにしっかり向き合ったお返事を書くゆとりすらなかった
だから、あの想いのこもった手紙に私は答えられていない

ありがとう
嬉しかったよ
そうだね、私も話したかったよ

これだけでもよかっただろうに
その時から既に20年弱の時が過ぎた

いつもこの若葉の頃に
ちょっと苦くさつきを思う
さつき
誕生日おめでとう

大学の数少ない友人に
さつきは高校の同級生と結婚し、
子供二人と大阪で暮らしていると聞いて
よかったな、よかったねと思った





いい思い出ばかりではなく
悲しいことや苦しいこと
寂しかったこと悔しかったこと
そんな過去の感情がふわりと過ることがある
割とたくさん

いつも思い出してはかき消して
忘れてしまおう
過去のことだと頭を切り替えていた

けれどある日
過去のことに向き合って、受け入れましょう
と、あるテレビ番組で 過去の悔しい感情をなくすためのアドバイスをしているのを見た

あぁそうか
忘れようと追い払うから頭の端っこに置かれたままなのだ
今のことばかり頭の整理をしていた
過去のあんまりよくないこともちゃんと受け入れてみれば、克服し苦しむことはなくなるのかもしれない
と思った


きっといい思い出に変わるよ


そんな言葉をこの前聞いて
思い出が変わることがあるんだと知った
そんな素敵なことがおきるのか
私の頭の端っこに置いてるたくさんの小石のような過去の感情を
ちゃんと受け入れ認める
この手に包み込んでほぐしていけば
小石の塊ではなくなって
ふわりと柔らかく綿毛のようになるのだ ろうか

酸いも甘いも
全て愛しき過去のわたくし
それもできたら更に強い自尊心が持てるのかもしれない

Heart - -
メンテナンス宣言!
今朝は激しい春雨
一旦上がって
また雲行き怪し
午後からは荒れた天気になると聞いていましたが、本当にそうですね
寒さとともに冬の様な気配に覆われてきました
まさしく三寒四温の頃ですね
少しずつ春と冬の交錯する期間

立春を終え、次は雨水ですし
お天気も変わりやすく気温も変動しがち
身体は少し春モードですので薄着になってしまって、急な冷えなどで風邪をひかない様にお気をつけ下さいませ

寒くもありますが、先ほどお家に帰る途中、
ご近所にある梅屋敷(勝手に命名)の前を通りました
梅が本当に美しく咲き誇り、見事なのです
このグレーな気配を跳ね除ける明るさ
通勤途中でも春の菜の花や梅の花の白やピンクが引き立ちますね
自然の中に明るさを感じ心にも花が咲きます

これからの春めく世界を楽しみましょうね


さてさて、本題

前回のブログでメンテナンス宣言をしまして
この期間しっかりメンテナンスしています

宣言するって、こうも違うのかと自分でも笑っちゃいます
時間があったら、
行けたら、
これが終わったら、と
できたらしようかなという曖昧な設定では私の性格上なかなかできないのですね

ですから、個人的なことでしたが宣言してみたら
きちんとその日のすることリストの一つに昇格し
きちんとメンテナンスするのです

今まで、決めることは大事だなと思っていましたが
自分の中だけの約束事では
決意や意思も弱くなりがちなのか
疲れや忙しさ、マンネリでなんとなく終わりを迎えること、いと多しでした

今回のメンテナンス宣言はなかなか良かったです
みなさんにお読みいただくところに超個人的なことを載せる…
読み返す度に幼稚なことだなと照れや恥ずかしさこみあげまして、
いつものお得意推敲、編集、削除といきたくなりましたが、
敢えて残しておきました

そしたら、ちゃんと意識して実行するんですね


問題は、本命の確定申告が遅れ気味だということ…
去年の反省を踏まえて、
ノートPCも購入し準備はバッチリ
心に余裕!

ですが、今度はこの余裕が今度はちょっと先延ばしにする理由の一つになっています〜
次々に現れるこの心の変化

ちょっと(いえ、割と大きな…)ストレスなんでしょうね
もう回数も重ね、慣れてもいい頃なのですが、まだまだです
いつもちょっと落ち着かない2月の私
早く入力だけでも終わらせるとぐっと落ち着くはずですが…


と、こんな自己分析より、早くとりかかりなさい
ということですね


では、お後がよろしいようで…
Heart - -
2016。
昨日12月30日午後6時過ぎ
今年最後のお客様をお見送りし
本年のお仕事を終えました

キラッキラの笑顔で
すごく軽くなりました
今年の最後のご褒美、最高でした
と帰り際のお言葉
私も自然に満遍の笑みとなりました

体調を壊すことなく今年最後まで無事にお仕事ができ、本当によかったです

今年La margeにご来店下さったお客様
本当にありがとうございました
施術後の皆様の笑顔やお言葉にどれだけ私も癒されたことか
私の活力はお客様皆様なんだなと思う日々でした

今日はneiでご褒美ランチ


特製エビのサラダプレートを美味しくいただき、幸せなひと時を過ごしました




毎年年末年始にこのブログ上で気持ちをしたためることが慣例となっていて、
少し前から今年の振り返りをしていました

今年は1月の大雪に始まり、4月の大地震、梅雨の大雨、8月の猛烈な暑さ、と自然の中で生きる厳しさを感じることが多くありました
その中に於いて、人の優しさ、温かさ、強さを感じることもとても多かったです

個人的には40代に向けて備えた一年でした
SARAxJIJIひろみさんに憧れ伸ばし始めた前髪はようやく顎ライン
ちょっと大人になりました

施術も一生懸命もみほぐすスタイルから、その時のお一人お一人のお身体に合わせた施術をするスタイルに変えていきました
それが伝わるのか、お客様から嬉しくなるようなコメントいただくことも多かったです
思っていることが手を通して伝わっているんでしょうね

そう、この手のおかげです

まずはお客様に感謝
そして、頑張ってくれたこの身体、手に感謝
最後に仕事に励ませて頂けるこの環境に感謝です


今年もありがとうございました


皆様、良いお年をお迎え下さい



Heart - -
| 1/8 | >>