グッドニュース

5月も半ば

宮部は気持ち良い風が吹いております

GWも過ぎ、環境やシステムや人に慣れてくる頃ですね

皆さまいかがお過ごしでしょうか


この時期はBGMにこのアルバムを選ぶことが多くなります

だって爽やか!

木々の間を風が吹き抜けていくように

鳥がさえずるように

ピアノが優しく軽やかに奏でられ、心地良いです


宮部の森の生き生きとみずみずしい外の草木を眺めていると

太陽の光を反射し、葉っぱが光っているようです

夏に向かっている気配、活気、が漂いますね


ですが、朝晩が意外にまだ肌寒い

体温調節に気をつけましょう

ここ最近の自然の厳しさには振り回されてばかり

お洋服や羽織ものなどで上手に対応していきたいものです



さてさて

今年に入ってお客様や友人から続々とグッドニュースが届きます

私には皆様のグッドニュースが心の栄養

嬉しそうにご報告いただいて、こちらも本当に嬉しくなります

悲しいことや辛いことがあったけど、

皆様の周りには良い事や喜ばしい事も起きている

それが、こちらにも回って来て、

幸せや喜びを分かち合えているようです


中でもごく最近

古い友人のおめでたい話に本当に幸せな気持ちになりました

スペシャルな笑顔で映った2人の写真

その子の悲しい過去や、辛い過去も知っているから尚、その笑顔が嬉しかった

お幸せに〜!!


テレビ、新聞、インターネット

大きな情報の中では、グッドニュースが少ないからこそ

身の回りでの明るい、幸せなニュースにほっとします


こちらにじゃんじゃんお寄せいただきたい

そしてどんどんグッドニュースが増えていくことを願います



それではよい休日をお過ごし下さい

Staff - -
2017。
あっという間に2017年が終わりました
皆様どんな1年を過ごされたのでしょう


2017の締めくくり
今回は頭の中の公式〈 3J/2K 〉の
3つのJ
自負と自覚と自尊心について
お伝えしたいと思います


まずは 自負
昨年はとても自然に、大きくスタイルが変わった年でした
常連のお客様のお身体の不調や凝り、歪みも
より細かい小さな部分や薄い表面にフォーカスできるようになりました
正直な感想が何よりありがたく
お客様の身体への認識の仕方や
その表現が最大のヒントであり答え
嫌だったり、恥ずかしくなければ、
身体に関する感覚や状態はしっかり教えていただきたいなと思っています
それが、よりご本人のお身体に添った施術になるようです
お客様の答えに向かってお身体を解きほぐしていく
そんなイメージです
それを続けていたらとても個性的な施術になっていました
たまに来られる新規の方のリアクションを見ると、このオリジナリティを認識できます
外の勉強会や講習会には参加することはありませんでした
ですから、ここの施術はここにお越し下さったお客様から生み出されたものだと自負しております



次に、自覚

昨年は割と本を読むことができました
その中の一冊が《 総合医療 》という本です
この本により宮部の森が人に癒しを与えることのできる場所なのだと自覚したのです
研究により人は自然の中で、自分が自然の一部であると認識できた時に
心から癒されることがわかってきたそうです
今後の医療は環境面も含めた施設運営がより治療効果の高めるとのこと

ここでリラックスして頂きたいと思っていたらそういう場所だった
よくみなさんが癒されると仰って下さるのも、そんな場所であるから
この本によると、こちらで行っている施術やYOGAも補完医療として挙がっていました
私は治療はできないとわかっているけど、それを補う立場にいることを自覚したのです

ですが何より、
この場所でお仕事させて頂けることを有り難く
また幸運であると思っています
雰囲気や空気を壊さぬよう、この場所を大切にしたい
感謝と謙虚さを忘れてはなりませぬ


最後に、自尊心

これはお店の新開さん、というより
一個人として身に付ける努力をしてきました
トレーニングに近かったと思います
心の癖
すぐに自分を責めて、内に込もる
すぐに謝って、ことを解決したと思う
思うことがあっても言わずに我慢する
心のモヤモヤは時間が経てば収まると
しばらく辛抱する
これは自分の心に負担をかけ続けるだけで、
問題があっても解決していないのですね
ストレスを別の方向に向けても、本当の問題はそこに残っている
いつかまた同じ事が起きてしまう

ようやくそれに気づいて
ちゃんと1つ1つ課題に向き合い
解決、改善、前進だ!と思えるようになりました
心、感情に気づくこと
相手がいたらそれを伝えること

常に客観性が必要で
自分を俯瞰する位置にいる意識付け
癖が出たと気付いたら
心の持ち方、返答、行動を変える
それがなんと難しいか
行動するところまで辿り着いて初めて
できたとなるのです
そして少しずつ出来てきても、
大きなハプニングや困難、初めての出来事に遭遇すると、
ひゅるひゅると我は弱き我に戻るのですね
これが癖の怖いところ
秋の入り口辺りから、スムーズに行かないことやいろいろと困難に当たったりすることが増えました
何か災難や運が悪いのかと思ったこともありましたが、
それは私が避けていた物事に向き合うようになった証かもしれない
初めて遭遇することには
特に私はびくつく超小心者
初めてだからと思っていたけど、
ある本に“ この世は未知のことばかり”
と書かれていて、認識を改めました
私はまだまだ世間知らずの未熟者
未知を恐れず進まねば!です
ちょっと強くなりたい
度胸や自信をつけたい

自分でやるしかないのです

癖に気付いて、トレーニング
地道に1つ1つトライしてたら
ちょっとがけっこうになって、
とても強い人になれているのかも


自尊心を高くは引き続き2018年のテーマです



不惑の年代の2歩目が接近中
回復力が落ちてきました
しっかり他で補って体力つけてタフにならねば
次の一歩もゆっくりじわりと参ります



Staff - -
おじいさん

11月の最終日です

カレンダーは残り1枚

師走というだけで忙しそう

12月や年末年始のスケジュールをお尋ね頂くことが増えましたが、

すんなり調整できずにおりました

明日にはご案内致します




さてさて、今回はおじいさんについてです

今週頭、両親が旅行だからと

私はおじいさんのお世話を任されました

久しぶりの実家ステイ


おじいさんとは愛・老犬しん

齢は15歳

かなりの高齢犬です

私の今回の任務は食事の援助、見守り


ご飯をあげてみると

不自由な右の後ろ足をお尻を落として安定させ

ヨロヨロしながら食べます

前の右足も力が入らないようで、横にズルズル広がっては、足を引き寄せます

上手上手!と励まし、

時々器を回しながら完食するまで横についていました


しんが倒れたのは約2ヶ月前

夜中に軒先で倒れているのを母が発見

母の呼びかけに立ち上がるも

その場をぐるぐる回るばかりで真っ直ぐに歩くことができなかったそうです

一報を受け会いに行った時も

右の後ろ足に力が入らず、立っても直ぐに転ぶか、同じところをぐるぐる回るばかり

顔も表情なく、目が見えていないようでした

水も食べ物も全てを拒んでいました

別の犬になったようで私は泣いてばかり

その先に起こるかもしれないことに覚悟せねばと言い聞かせるしかなかった


だけどまだ生きている


山であろう1週間

私ができることをしようと思い

マッサージをしたり、食べやすそうなドッグフードを持って行ったり、水を飲ませたり実家に通いました

しんもご飯を食べたさそうになりましたが

うまく咀嚼できず、食べこぼしたり、吐き出したりの

食べたくても食べられない状態

野生の動物ならこれは終わりに直結するんだなと思いました

人も食べなくなっていくといいます

究極、生きる、即ち食べるとも言えなくもない



しんとの別れを現実的に覚悟していた矢先、朗報が届きました

母が好物のうどんをあげてみたら、

大喜びでペロリと食べたというのです

さすが、うどん屋の親戚の犬!

ツルツルした麺は食べやすく、栄養価の高い出汁はしっかり水分も含んでいる

身体に不足していたものが一気に補われたのか

それからしんは回復に向かいました

今回、母の2度のファインプレーによりしんは一命を取り留め

今、生きています


頭はもののけ姫のこだまのように傾きました

右半身が弱り、頭を振ると、よろけます

ご飯も踏ん張りながら一生懸命食べています

声は失いました

それでも嬉しい時は喉をう〜っと猫のように鳴らします

散歩に行ってみたけど、途中で立ち止まり先に帰りだしました

朝起きた時は全身が痙攣していました


最近はおじいさんと呼ぶことが増えました

私達は何かにつけてしんの老いを感じます

だけど、それは人の勝手な感傷です

しんは過去の自分と比べることなんてないはず

今を生きているだけです


泊まった夜は生きているのか何度か確認に行きました

小さな身体が呼吸で上下しているのを見て、生きてる、と安心

小さな命が教えてくれます

その日また目覚めて起きあがれることは

命があるということ

生きているということ

いてくれることがありがたい




両親が無事に旅行から戻った時は

寝ぼけてよろよろしていたそうです

以前は泣き叫んで帰りを待っていたのにねと母


老いの受け入れ

別れへの覚悟


今はどちらの両親も健在ですが

いつか必ず訪れる別れにどう向き合うか

家族のしんは教えてくれるのです



Staff - -
小旅行??
ちょっと小旅行
この連休でイースター島へ!






と言うのとは冗談で、近所のイースター公園(勝手に命名)に行きました
本当はこの連休で佐賀の端っこにお引っ越したのでした
最後に気になっていたこの公園で念願の記念撮影
並んでパチリ
ちょっとはしゃいじゃいました



なぜここにモアイ像なのか
何の説明もなかったのが残念



新天地での朝は虫の声が目覚まし
実家や宮部と同じで周りは田んぼです
街中の快適で便利でオシャレな暮らしもよいけれど
私は緑溢れる土地があっているのでしょう
ぐっすり深い眠りにつきました

新たな生活の始まり
新鮮な気持ちでスタートです
運転時間の短縮で生まれる時間を
お仕事にも家事にも(少々)
活かしたいなと思っています



Staff - -
3J/2K
宮部に活気が戻りました
お隣ネイが10日までの長いお休みを終えてお盆の連休からオープン
早速ランチを楽しみにお客様がお見えです
子供の声や女子たちのトークが聞こえてきて賑やか
宮部の森はネイあってこそですね


こちらLa margeは8月1日に
とても静かにとても暑く9年目を迎えました
その日のお客様のことばかり考えていたらまた一年が経った、そんな感覚です
振り返るともう8年
自然に積み重なっていました
それもこれも皆さまにお越し頂けるからこそです
休みの多いお店ですが、
ご都合つけてくださり、
長めにお時間作っていただけて、
心より深く御礼申し上げます


そしてこのブログ
最近は書きたいことやピンとくるタイトルが浮かんだらupする形をとっていたからか、月に一度のしっかりした内容のことが増えています
(皆さまサラリとお読みくださいませ)
それでも毎日どなたかがお読みくださっていて嬉しいかぎりです
本当にありがとうございます


今回もようやくかたちになりました
今の頭にある言葉や思いの公式のようなもの
分数だと思って見て下さい

3J/2K
解説すると
3Jは《自負、自覚、自尊心》の3つの言葉の頭文字
それを支える分母の2Kが《感謝、謙虚》の2つの言葉の頭文字です
今の私のテーマや育む思いが3つのJで
心の根っこ、底にある基盤の2つのK

これを大切に歩みたいなと思います


9年目も日進月歩
しかも歩みは遅いので牛歩です
牛歩でトコトコ参ります

どうぞよろしくお願い致します
Staff - -
| 1/9 | >>