“ 午前十時の映画祭 8 ”
5月もあっという間に真ん中
五月晴れ、五月雨、
どちらの季語もあるように
晴れの日も雨の日もどちらも映える月
自然が勢いよく、美しい月ですね

麦秋という季語もありますが 麦畑が黄金色に変わっていくのは本当に美しいと思います
毎日の畑の一面ごとの色合いの違いが
自然なグラデーションとなり日々目を癒してくれます

この景色が好きな理由がふと浮かびました

幼い頃から何度も見ているナウシカの影響かもしれません
時折あの歌声、フレーズと共にふと思い出すのです


ナウシカやグーニーズ、アマデウスは子供の頃何度も見ていて、今でも見たくなる作品です

私は以前から古い映画をたまにレンタルしては観るのが好きでした
ここ数年は映画や本からも遠ざかっていましたが、今年は少し心に余裕が出てきたのか家でも見るようになれました
ましてや、そんな映画をスクリーンで見れるのは本当に嬉しいこと

実はそんな願いを叶えてくれる企画があります
今年で8回目となる
“ 午前十時の映画祭 ”です

これは4月からの一年間、1,2週間毎に名作をスクリーンで上映するという本当に贅沢な企画です
作品の選定はおすぎ、戸田奈津子など5名
去年は佐賀の109シネマズで、
今年はシエマで開催

去年の夏はバックトゥーザフューチャーの1〜3まで1週間毎の上映
心踊らせて見に行きました!
( 小柄だからか、本当に身軽で、
跳んで、走って、滑っての主人公マイキー
あのマイキー、(マイケル・J・フォックス)がパーキンソン病になろうとは思いもしませんでした
人の未来はわからない、と思っていたら、
『 アイアムラッキーマン』
という著書を書いたと知り、今度読んでみようと思いました )

今年の夏はヘップバーン特集で主演作4本上映のようです

私が先日観に行ったのが
《 ショーシャンクの空に 》
でした
これも去年に続いて2年連続で観ました
( 今回はブルックスとレッドが壁に残した言葉をしっかり憶えてこようと

同じ場所から選んだ違う未来の選択
希望は宝 )


先日おススメしたシエマでの上映になりますので、映画館の雰囲気と共に古き良き映画もお楽しみ下さい

私は今度はグッドウィルハンティングを観に行く予定です
脚本は確かマットデイモンとベンアフレックの共同脚本ではなかったでしょうか
今は亡きロビンウィリアムズの名演
マッドデイモン、ベンアフレックの若々しい演技
心通じ合い才能が開花して、自分で未来へ歩き始める青年
ラストシーンは道を走りながら標識を見上げるようにして終わっていったような…
高校生の時に観て以来なのでこちらも楽しみです


Music & Book & Movie - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>