『 野球部員、演劇の舞台に立つ !』
この1ヶ月、久しぶりに読書三昧でした
中でもこの本がいちばん心に沁みました
この映画を見た後、感動して本を手にした私に珍しくシエマの店員さんが話しかけてくれました
知ってる方はほんの一部って言われますもんね〜
と、とてもいいお顔で言われたので本当に読むのが楽しみでした
読んでみると本当に、
私が関わらせていただいた時期は序章だったようです

胸がいっぱいになるので、一度に読めませんでした
大切に丁寧に言葉を受け取りました
やっぱり言葉には力があるんだと思います
実体験から生まれている言葉は殊に

キラキラと澄み渡る世界
若さだけではないだろう
生徒たちが真摯に誠実に自分の心に向かい合い
心の内を素直に正直に丁寧に書き表してくれている
そこなのかもしれない
こういう状況に置かれてこそ、感じる心境がある
それが言葉になった


先生の問いかけや投げかける言葉がすごいのだろう
先生は生徒や同年代の刺激による成長だと言われている
実際そうなのだとも思うけど、
先生の心の真ん中にすっと刺さる言葉が
心の真ん中の深い奥にある感情を言葉で表してみようとさせる
言葉にすることが心に向き合うこととなる
より正確な言葉を探し
より的確に当てはまる表現をしようとする
難しい言葉や漢字を知らなくても
自分の知り得る言葉を繋いでは捨て、
当てはめては消し、
そんな作業を繰り返したかもしれない
高校生の頃の私がそうだった
必死に書いていた、だからそう感じた
作文として文章化された彼らの言葉は眩しいくらい澄み渡り、輝く言葉は心に沁みてくる
そんな彼らと触れ合う竹島先生の文章ももちろん美しい

ありがたいと思う
こんな文章は書けないし
今やそんな状況や心境は体験できない
想像による言葉はそれよりはとても弱く、脆い気がする


竹島マジック
あとがきの森田先生の言葉です
竹島マジックだけどご本人は 自分の力だとは言われません
子供たち、生徒たちが、先輩たちがと何度も書かれています

そこに立ち会える教員は本当に幸せだと思う、とも
学校をテーマにした新聞や本はたくさんあって、
今は事件、事故、問題、課題山積で教育現場は大変そう
そんな中に於いて、この本は異色です
教育に明るさや光を感じられる

皆さまにもお読みいただきたいと思いました
Music & Book & Movie - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>