エントロピー増大

カレンダーをめくると同時に涼しくなった9月

爽やかな風に心地よく過ごせる日々がしばらく続きましたね

するすると気持ちよく流れる時間は

そのまま日にちの経過にも通じているのか

あっという間に9月は折り返し

暑くて長かった8月とは時間の感覚も違っていて面白い


お仕事終えて帰路に着く頃は日も暮れて

ライトを灯して運転することが増えてきました

秋の夜長、皆さま何をしてお過ごしでしょうか


ワタクシ、しばらくゲームに夢中になっていましたが、それもトーンダウンし、

また読書モードになってきました


眠くなくても横になって文庫本を開いて、読み始めると数分でウトウトしてます

ゲームの時の脳の冴え渡る感じと逆に

脳が活字によって癒されていくようです

これは難しい本の方が更に効果的で、ものの数行で脳がとろける感じです


ここ最近読んでいるのは小林秀雄の

『直観を磨くもの』

初版はいつか書かれていませんが

最初の哲学者 三木清との対談が昭和16年の掲載記事について述べられているので、きっと昭和初期の割と古い本だと思われます


何故この本を読もうと思ったかといえば…

(前置きが長くなりますが、辛抱下さい)

数年前に大牟田のスーパー駐車場で買い物帰りの方が襲われる事件が2件続いたのがきっかけです

犯人は大牟田市内、しかも割とお店近くの住所

一見平和に見える環境の中、そんな事が起きるし、起こす人がいる

いつどこで何があるか、わからない

自然災害は運命かもしれないけれど

人による事件、事故は自分の注意力や警戒心、防御力などで回避できることもあるだろう

いつも誰かと一緒ではないし、1人の時に身を守る術を持っておかねば!

と、感じたのでした

すると折しも、広報に護身術講座の案内が載っていたのです

元婦人警官の方が女性が自分の身を守る為にとNPOを立ち上げ、各地で講習会をされているとのこと

必要なことは迷わず即行動


参加者は20名程でした

講習では護身術はもちろん

自分を守ることがいかに大切かを丁寧に教えていただきました


自尊心を持ちましょう

身体の傷だけじゃなく

心の傷に気付きましょう

身も心も自分で守りましょう


(私の今年のテーマ2K/3JのJの一つ

“自尊心”はここから来ているのでした)


その先生が日頃から意識されていることが、

直感を鍛えることでした

直感、シックスセンスが強いほど危険回避できるそうで、日々鍛えているとのこと

どうやって鍛えておられるのか質問しました

予測してみるというお返事

それから私もなんとなく予測することで直感を鍛えようと思うようになりました


その講習会受講後、

本屋でウロウロ面白い本がないかと物色して見つけたのがこの本だったのです


小林秀雄と著名人、有名人の対談形式だったのでこれならわかりやすいかもと購入



したのはよいのですが…

あれから3年程経ちます

今現在160ページ辺りです…

小林さんはノーベル物理学賞受賞者の湯川秀樹との対談中

“人間の進歩について”

二人は白熱しております


これがまた、チンプンカンプン…

己の能力の低さを思い知ります


話題は哲学や量子力学、物理学、

さらにドフトエフスキー、モーツァルトなどなど幅広い

下に解説がついているのでなんとか文字は解読出来ますが、意味の理解には至らないのです


『向きがない方程式から、エントロピーが増えるという別の方程式が出て来ている』

『それはおかしなことですね』

『それはおかしなことだけれども、とにかくエントロピーという量を適当に定義すれば、それが増えてくることが証明できる。…』



エントロピーとは物理学的表現で、ものの煩雑さや乱雑さを表し

エントロピー増大の法則というものがあるそうなのです

物事は乱雑になっていく…というようなこと?

部屋は片付けない限り散らかったまま、散らかり続ける…

なんて生活の中に置いてみる私はそうやってトロトロウトウト

不思議な世界を自分なりに解釈する作業に慣れず、しかし却って健やかに眠りにつくのであります


エントロピーの増大という

世界の大法則もワタクシには羊の数と同じ…


理論物理学者や哲学者、作家、民俗学者たちとの対談は白熱している

この方々が見る世界は私の目から見えるところと全く違う視点なのだろう

そうやって小さな己を思い知るのです

ですが自分を小さく感じられた時、

今の悩みや苦しみがほんとに小さく可愛いものに思えて、そこからふわっと脱することができています

本当に世界は広く、大きいです〜


読み終えるのはいつになるやら

そして、この著書により私に直感力は身につくのやら

最後のページは523ページ!

あと4〜5年くらいかかるかもです


ですが、昨年の眠れぬ日々を思うと

しっかり眠れることの幸せを実感します


秋の夜長に皆様もスヤスヤとお休みいただきたいものです


Heart - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>