ジミトクドセンドタ

呪文のような言葉ですが

漢字で表記すると

“自未得度先度他”

和文で

“おのれ未だにわたらざる

先に他をわたす”

意味は

いいことは他人様を先に

自分のことは後回し

“お先にどうぞ”

という意味だそうです


これはいつもお世話になっている叔母が教えてくれた相田みつをさんの

  お先へどうぞ

     ー自未得度先度他ー

という詩の言葉です




この詩の最後に書かれている箇所が好きです


お先へどうぞ

といううるおいのある

美しい日本語で

お互いに呼びかけ合える

世の中になってほしいなあー


梅雨にぬれて

一段と色鮮やかな

あじさいの花が

ある日の午後しみじみと

私にかたりかけてくれました



叔母はこの詩を丁寧な文字で半紙に書いて渡してくれました

一文字一文字ゆっくり書かれた達筆な字

ペンの運びが丁寧で文字と文字の間が一定

罫線のない紙にまっすぐ上から下に進む文章

長めの詩を半紙にきれいに納める配分


忙しい人なのに、ゆっくり丁寧に書いてくれたことが一目でわかる美しさ


仕事を終えて疲れた身体で書いてくれたのでしょう

丁寧な文字がその叔母の集中力や労力を表していて、さらにこの詩への想いを感じることができました

この詩そのものも現代の荒んだ人の心を嘆く相田さんの優しい眼差しに溢れた詩です

ご興味おありの方は是非お読みください



ジミトクドセンドタ


私はお部屋の壁にそのまま張り紙し

毎朝読んでいたら

いつしかゴニョゴニョ呪文のように唱えるようになっていました


ジミトクドセンドタ




ようやく梅雨入り

梅雨の時期に皆様にご紹介できたらと思っていたのでした

身体は重たくなりますが、自然にとっては恵みの梅雨

あじさいがより艶やかで美しい

恵みの雨です


大地に潤いを

人の心にも潤いを









Heart - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>