防御力UP!

激しい変化の週でした

20度くらいの晴れた日の3日後には雪が積もって極寒

結局温暖化の影響なのか太陽の姿によって大きく気温が変わってくるようですね

これから温暖化は進むでしょうから、例年と比較して考えるより、これを当たり前にした方がいいのかなと思うようになりました

気温差が激しくなる中を生きていく強さがいるなぁと思う今日この頃です



さて、本題です

毎日新型コロナウイルスの感染者の数は増え、ウイルスの存在を身近に感じることになりました

今までは予防の意識の方が強かったのですが、こうなると己のパワーアップだな、と防御へと思考が切り替わりました


防御力というと分かりにくいですが、免疫力を上げておくことだと思っています

体内にはたえず細菌やウイルスなどの病原体や毒素が侵入してるそうですが、これらから身を守る防御システムが免疫なのです

体温を上げると免疫力が上がるとはみなさんよく耳にされると思いますが、

体温は血液によって保たれています


血液は血漿、血球が成分で、

物質の運搬と筋肉が生み出す熱を全身に分配する役割を持ちます

身体を作る40兆個の細胞に酸素や栄養素、ホルモン等を運び、同時に老廃物や二酸化炭素などの不要な物質を回収しながら、約1分間で身体全体を一周します

血液が身体を巡り、末端、末梢手先足先まで温かくなるのです

この血液成分の血球の中には

赤血球、血小板、白血球があり、

更にその白血球に

好酸球、リンパ球、単球などがあります

この単球が病原体や不要な細胞を飲みこむマクロファージへと分化するのです


免疫で血液と同様もう一つ大事なのがリンパ系です

体内にはリンパ液の流れるリンパ管が全身に張り巡らされています

リンパ液の成分は血漿、マクロファージ、リンパ球(B細胞、T細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞)などで、

その役割は血液の量を一定に保ち、脂肪を回収、運搬することです


ですが、リンパ系には血液にとっての心臓のような強力なポンプがありません

リンパ液はリンパ管自体の収縮と弛緩の繰り返しや、周辺の筋肉、臓器が動くことによって流れます

なので運動やもみほぐしはリンパ液の循環の面でも大切なのですね


リンパ系を構成するのは

リンパ組織やリンパ節、脾臓、胸腺です

リンパ節は全身に300〜600個ほどあり、体内に侵入した病原体や毒物を取り除くフィルターの役割を果たしています

リンパ節のフィルターのお陰で身体は守られるのです


リンパ球は免疫の中心的存在でとても大切なのですが、脾臓がリンパ球を産生し、古い血球をマクロファージによって破壊してくれます

胸腺は骨髄から運ばれた幹細胞をリンパ球の一種、T細胞に分化、成熟させます


参考にしている『人体のふしぎ』という本には実際にキラーT細胞が口腔のガン細胞を攻撃している写真が掲載されています

キラーT細胞はリンパ球の一種で、ウイルスに感染した細胞やガン細胞などを見つけると、細胞膜を開け、アポドーシスという細胞死を引き起こす物質などを注入してくれるのだそうです

他にも無数の突起が細胞全体から伸びているガン細胞にマクロファージが集まって毒素を注入し、ガン細胞は突起が消えて丸くなり、マクロファージはガン細胞と融合する経過を追った写真も載っています


人体ってすごいシステムを内蔵しているのですね〜


破壊された毒素や老廃物を排出する為に自分でできることは

水分をしっかり摂って動いて体内を循環させ、出すことです

リンパを流して排毒するのは改めて身体のためだなと思いました



最後に

血液成分の血球は骨の骨髄から生み出されます

ですから丈夫な骨を作ることも大切かなと

骨にはカルシウムやビタミンD

必要なミネラル、ビタミンを補ったらお日様に当たりましょう

お日様に当たることでよい血がどんどん作られますし、セロトニンも出てリラックスでき夜もよく眠れます

晴れた日にお散歩やウォーキングするのは心身にとてもよいのですね〜

更に腸内環境も整えておけば、摂った栄養も吸収しやすくなりますし、益々元気に

睡眠で疲労回復しておくことも体内循環を停滞させないようにするには大切です


まずは今まで通り予防の意識

万が一に備えて自己防衛です

人にはこんなすごい免疫、防御システムが備わっていますから、これを活かして行くしかないです



久しぶりにきちんとした身体のことをお伝えしましたが、写真やイラストがなく説明だけではわかりにくい箇所もあったと思います

また疑問質問などお気軽にお寄せ下さい

私も大変勉強になります


もう花粉症も始まっていてあれこれ大変ですが、元気がいちばんです!

食べて、動いて、寝て、体温上げて乗り切りましょ〜う!










Body - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>